FC2ブログ
2019/11/21

10年前のJR寝台列車

写真2


この夏は久しぶりに寝台列車での旅の出発。

みなさんご承知のように、今定期運行されている寝台列車は、

国内では唯一となった「サンライズ出雲&瀬戸」のみ。



写真3

新幹線が増える度に夜行列車は消えて行き、

いよいよサンライズのみとなってしまいます。


仕事の合間に古い雑誌を読み返していましたら、

約10年前の雑誌の夜行列車特集を見つけます。


「十年一昔」なんて四字熟語もありますが、

こんなにたくさんの寝台列車がまだ運行されていたんですね。


写真1


この中ではサンライズの他にカシオペアは団体専用として稼働中。

他は大半が解体されてしまったと思われます。

運良く引き取り手のあった車両は飲食店や宿泊施設となったようですが、

本来の夜行列車としての使命は全て終えたしまったのです。


思い返せば10年前でさえ、随分夜行列車が無くなったと嘆いたものですが、

今では絶滅寸前、日本全国でサンライズだけとは……(悲)。



写真4

最後に自身が夜行の客車に乗ったのは2014年の「急行はまなす」でした。



写真5

運良くキャンセルの空きを拾ってカーペットカーに乗れました。

青春18きっぷではNGですが、JR北海道&東日本きっぷでは、

急行料金を払えば乗車できたので有り難い存在だったのです。



写真6

サンライズでは「ノビノビ座席」に乗車します。

はまなすよりも明るいイメージで仕切りもあるので、より快適でした。

寝台料金不要なのでとてもリーズナブルな「簡易寝台」。


寝てる間に移動出来る効率の良さ、夜行バスが人気のようですが、

夜行列車の方が明らかに快適です。

ですが効率や料金の問題で全てが消えようとしているのです。


まだ安泰に思えるサンライズも運行開始から約20年。

次の10年後、夜行列車は絶滅している可能性が高いです。

本当の意味で夜行列車が昔話になっているかもしれませんね。



ブログ村に参加しています。

よろしければワンクリックお願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへ


当ブログの画像は全てブログ主が撮影したものです。

無断転記や他サイトへの拡散はご遠慮下さい。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。
夜は一杯やってから出発したいし、それでも旅に出るならできるだけ早朝から動きたいし…。
夜行バスで行けば?と言われても、おっさんになると夜行バスで座って移動というのがしんどくなってきました。
そんなおっさんには少し高くても夜行列車が1番なんですがね。

サンライズはプラチナチケットで多客期は取りにくいし、行き先も限られるし、もう本当に今は不便だったらありません。

No title

私が寝台車と聞いて反射的に思い出すのは冷凍蜜柑なんです。
50年以上前の話ですが亡くなった父の田舎が愛媛だったので東京駅で弁当と冷凍蜜柑を買って乗り込んだのを覚えています。
寝台車の車窓に映るノスタルジーな海景色や夜景などを眺めている時間が私は好きなのですが世の中の方々は時間短縮ばかりでもうすぐ品川から名古屋まではたったの40分でいけてしまいますね。私にとってはいままでの1時間半でジュウブン、ハッキリ言ってどうでも良いのですが・・・

●kuromaruさんへ

そうですよね。夜行の魅力は夜の街を徘徊してアルコール入れてから乗る事が出来ましたね♪
そのまま火照った身体で夜行列車に乗り込んだ寒い季節を思い出しましたよ。
夜行バスも車内装備はピンキリのようですが、狭い車内に変わりなし。レールの音をBGMに寝る心地よさもバスにはありません。
今の夜行バスは値段的には良いのでしょうが、昔の夜行列車=ボックスシートの窮屈さを連想してしまいます(汗)。

サンライズ、あんなに大混雑した夜行列車のホームは久しぶりの体感でした。前回は横浜駅から乗車して、すぐに個室に入り込んだので出発時の余韻に浸れなかったので今回はより楽しく乗車できましたよ。

★マーベリックさんへ

人の熱気で溢れかえった車内で食べる冷凍蜜柑は最高でしたね!!
上野駅から青森方面に向かって乗車した夜行急行を思い出しますし、最初の会社を辞めて北海道に放浪旅に出掛けた時に上野駅の13番ホームに知り合いの女性が持って来た差し入れの中にも冷凍蜜柑がありましたよ♪

名古屋までの90分だって充分な速さですよね。自転車だと18時間ぐらい掛かります(苦笑)。
速いをウリにされても、景色の見えないリニア新幹線には全く興味が持てません。乗りテツでも地下鉄が好きな人が少ないのと同じです。

ホント激減しましたね

ホント、激減してしまいましたよね。
10年前も激減したのですが、こうなってしまうとは…と思います。
サンライズも乗れるときに乗っておかないと…ですね。

★早起きさんへ

おはようございます。
この歳になると10年前がそんなに昔のように思えません。
少なくなったと思った10年前でさえ、まだこれだけ寝台列車があったんですよね。
いつでも乗れる、そんな風に思っていると過去の乗り物になっちゃいそうです(悲)。
一部の特権階級(お金持ち)しか乗れないような豪華寝台は要りません。
ブルトレ復活とは言いませんが、サンライズタイプだけでももっと増えてくれればと思っていますよ。

「サンライズ」で「パンライス」出すサービスほしいなぁ…なのだ

「はまなす」ってのがあった時には、「北海道東日本うんちゃらパス」ってので、
道東滞在が2日も増えて、すんげぇ便利だったのっす。
・・・いまさら6110円の一日特急券買ってといってもねぇ…っすゆたか

夜中に移動して、宿賃ばぁ稼ぐなんてことはできないんでしょうか?
フェリーで津軽海峡往復で、ユースホステル宿泊賃と同等…。
・・・宿泊よかも食い物に金掛けたいとつるみんが申しておりますはじめっち

今は「運賃」で行けるとこなんかなくて、
「運賃」よか「料金」のほうが高くなっちゃってますぅ…。
・・・一回でいいから「☆一つの寝台車」ってのに乗ってみたいみならいかのん

あたいはむずかしいことはよぐわがんねぇんだども、
バスのリク…なんとかシート?ってのは、
寝台車に劣らず豪華みたいなんだけども、
料金ってばけっこう高いらしいのだ。
んでもって、ねずみーらんど行きの上信越道やR18号のスキーバス事故とか、
やっぱ、深夜バスってばコワいのだ。
・・・もちろん「富士」?の事故もコワいけども…なのだつるみん

★4あほさんへ

中途半端な北海道新幹線のおかげで、格安きっぷの効力は益々薄れましたね。
青函区間はフェリーを使うとして、函館〜札幌への移動も普通列車では困難になってます。
周遊券の復活を求めたいですよ。そしてはまなす復活は無理としても。
昔あった快速ミッドナイトみたいな列車を走らせてほしいです!!

夜行バスもピンキリみたいですね。
重大な事故が目立ちますが、運行本数の多さを考えれば事故率は低いはず。
でも、あの狭い車内では身動き取れず座っているだけ。酒をチビチビやる事もできませんし…。
富士の事故はよく覚えていますよ!!

No title

西日本ではウエスト銀河なる列車が老体の117系改造で出来るらしいですが、安価で誰でも利用できる様になれば楽しそうですね。
夜行も設備老朽化、人件費の問題でどんどん縮小されているなかで、目的地に朝到着して動きまわれるのは嬉しい限りです。
決して寝台車ではなくとも普通車の鈍行夜行でもあれば、旅の範囲も広がるし、一般客の需要もそれなりにあるでしょうし。
新宿駅アルプス広場のカニ族の行列、上野駅の帰省シーズンの人混みを懐かしく思いますよ。
上野発23:55ばんだい5号乗って、喜多方で降りると日中線の蒸気が煙を上げて待っている・・・

★アルプス親父さんへ

連続コメントありがとうございます♪

ウエスト銀河、噂には聞いてましたが実現する事は喜ばしいのです!!
JR西日本、いつもサービス悪いなぁなんて思ってましたが、今回は見直しましたよ。
この列車が成功する事で、他のJRにも波及していけば良いのですが。
ウエスト銀河、まだ手探りのようで、集客次第では止めてしまう可能性も高いですが、夜行バスに対抗しうる存在になってほしいです。

急行ばんだいで喜多方から山形方面を目指した事があります。その時はすでに日中線は廃止されていましたが、廃止路線を少し巡りました。生で日中線を見られ、カニ族の最盛期を体験する。うーん、やっぱり5〜10年前に生まれたかったのです!!