FC2ブログ
2019/03/25

昭和の若者一人旅とユースホステル

YH1.jpg 
現在50、60代の方で旅好きなら「ユースホステル(以下YH)」に
少なからず宿泊した方はとても多いと思います。
もちろん、私もそんな中の一人です。


昭和50、60年代は若者の一人旅は男女問わず多かったものです。
そんな若者の旅をアシストするような存在の宿だったYH。
宿泊層の多くが学生で、一人旅でも安心して泊まれる宿。

それは特に女性に当てはまり、
「YHに泊まるなら旅行する事を許す!!」的な事を親に言われ、
長期の旅に出る事が出来た♪ なんて話をよく耳にしました。



YH3.jpg 
覚えていますか!?
「誓いのことば」

簡素な旅行。
今の時代のように何でもネットで調べられる時代とは違い、
自分で体験し、見聞きした事だけが全ての時代。
余計な情報は一切無く、せいぜいガイド本で観光地を調べる程度。
そんな時代は、YHでの生の情報源が非常に有り難かったです。

「来た時よりも美しく!!」
こんな標語を部屋に貼られたYHも多かったですね。

YHは全てがセルフサービス。
食後は自分で食器を洗い、出発前には部屋の掃除。
自宅では親任せで決して自分で行なわなかったような家事をYHで学んだ。
そんな当時の若者も多かったと思います。



YH2.jpg 
宿泊ごとにスタンプを押してもらい、
いつしかそれはかけがえの無い思い出ブックに。
宿泊歴の多い人のスタンプカード、
ホステラーの間では、アコーディオンなどと呼ばれる事も。

自身は2011年宿泊の大沼YHでの300泊目を区切りに、
利用する事が無くなりましたが、会員更新は続けています。
しかも今は家族会員としての更新です。
もちろん、機会があればまた利用するつもりです。



YH9.jpg
                                                                                                         市房YH


最盛期の587カ所(1974年)から1985年ぐらいまでは、

安定したホステラー会員数とYH施設数でしたが、そこからは右肩下がり。
現在は会員は10分の1以下となり、YH施設も200カ所ほどに。

これは若者層の人口減に加え、旅離れも要因のひとつですが、
YHが時代の変革に付いて来れなかったのも大きいでしょう。
それでもなお、YHにはまだ輝きを戻せると私は信じて見守っています。



YH5.jpg 
YH6.jpg
                                                                                 札幌市立ライオンズYH


若い旅人で賑わっていた昭和の頃のYH。

出発前にみんなで記念撮影もよく行われていましたね。


YH7.jpg
                                                                                                         小清水YH


YH8.jpg
                                                                                              野中温泉YH

当ブログでは、そんな懐かしいYHの話題も取り上げて行く予定です。



プログ村に参加しています。
よろしければワンクリックお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

スポンサーサイト